社会福祉法人 みどり会 きらら子どもの家

保育について

保育理念

きらら子どもの家は、児童福祉法に基づき、保育に欠ける乳幼児を保育することを目的とする児童福祉施設です。乳幼児が生涯にわたる人間形成の基礎を培う、きわめて重要な時期にその生活時間の大半を過ごすところです。
 保育園における保育の基本は、家庭や社会と連携を密にして、家庭養育の補完を行い、子どもが健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境のもとで、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図ることを保育の基本にしています。

保育の基本方針

「生命を大切に、思いやりの心を育てる」
自分を尊重し、相手も尊重する気持ちは人間としてとても大切なことです。家族から大切にされていると思う子どもは、犯罪や自傷行為から自分を守ることができます。みどり会設立以来の基本方針ですが、今、この大切さを思い知らされます。

保育目標

「自分のしたいことができる」(自立)
「自分がしたくないことでもできる」(自律)
「自分がしたいことを我慢できる」(自律)

家庭との連携

「仕事と子育ての両立」
「子どもの生活リズムの保障」